ここから本文です

巨人と玩具 (1958)

監督
増村保造
  • みたいムービー 10
  • みたログ 140

3.56 / 評価:43件

今も昔も変わらないはずなのに

出てくる小道具が古めかしいが、題材は今もありがちな広告宣伝合戦記。
一般消費者向け商品に芸能人を使ったイメージ戦略。
貧困を素朴だと売りにするアイドル。
体を壊しそうになっても仕事。
ライバル会社との情報戦、色恋沙汰と裏切り。

悉くステレオタイプの塊みたいなもん。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ