ここから本文です

旗本退屈男 (1958)

監督
松田定次
  • みたいムービー 1
  • みたログ 15

2.75 / 評価:4件

解説

 大ヒットシリーズ「旗本退屈男」の23作目。佐々木味津三の同名人気時代小説を比佐芳武が脚色し松田定次が監督した。主演はもちろん市川右太衛門で、出演三百本記念映画として製作され、オールスターキャストが話題を呼んだ。  伊達藩の当主である太守忠宗は連日酒浸り色浸りの毎日を送っていたが、名取権現の人身御供として女狩りを部下に命じた。奥州を旅していた早乙女主水之介たちは女狩りの現場に遭遇し、事件の真相を探り始める。伊達家では世継の鶴千代が病に伏せていた。お家乗っ取りを企む伊達家家臣に毒を盛られたのだったが、お局と腰元により快方に向かった。早乙女主水之介暗殺を命じられた甲賀三郎兵衛と百々地三之丞の目の前に、主水之介が現れた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ