ここから本文です

隠密七生記 (1958)

監督
松田定次
  • みたいムービー 0
  • みたログ 0

未評価

解説

 吉川英治の同名小説を「神州天馬侠」二部作の結束信二が脚色し「旗本退屈男」の松田定次が監督した。1956年には大友柳太朗主演で映画化されており、本作はそのリメイク版にあたる。東千代之介、中村錦之助、美空ひばりの豪華共演が実現した。  徳川七代将軍家継の治世。尾張大納言の居城である名古屋城の天守閣にある金のしゃちほこの中には、次の将軍家後継者を決める前将軍の遺言状が隠されていた。幕府が狙う遺言状を守るため、城では毎晩二名の武士を警護に当たらせていた。今夜の当番は椿源太郎と親友の相楽三平。勧められた酒を飲んだ源太郎は天守閣から降り、そのすきに三平に遺言状を持ち逃げされてしまう。三平は幕府から遺言状奪取を命じられた隠密だったのだ。源太郎は遺言状を取り戻すべく、三平を追うのだったが…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ