ここから本文です

森と湖のまつり (1958)

監督
内田吐夢
  • みたいムービー 4
  • みたログ 18

3.71 / 評価:7件

解説

 武田泰淳の同名小説を「知と愛の出発」の植草圭之助が脚本化し「大菩薩峠」の内田吐夢が監督。撮影は「希望の乙女」の西川庄衛、音楽は「東京午前三時」の小杉太一郎が担当した。「希望の乙女」の高倉健と「フランキーの僕は三人前」の香川京子が共演し、北海道を舞台としたアイヌ青年の恋と葛藤を描く。  画家の佐伯雪子は、アイヌ研究家で大学教授の池博士に連れられ北海道を訪れた。雪子はひょんなことからアイヌ娘のミツと知り合うが、彼女はビヤッキーと呼ばれるアイヌの青年・風森一太郎の姉だった。ミツはアイヌだったため恋に破れたことがあり、純血のアイヌであることに誇りを持つ一太郎は、アイヌ民族のために闘うことを決意していた。一太郎を愛するアイヌの千木鶴子が営む酒場に、アイヌを嫌う大岩老人と息子の猛、そして川口館主人がやってきた。大岩老人はアイヌであるにも関わらず、息子にもその事実を告げず、日本人として生活していたのだった。やがて一太郎と大岩老人たちは衝突するようになり…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ