ここから本文です

大東亜戦争と国際裁判 (1959)

監督
小森白
  • みたいムービー 3
  • みたログ 13

2.88 / 評価:8件

観てよかったのか、そうでもないのか

  • Yoshipy Happy さん
  • 2010年9月24日 20時55分
  • 閲覧数 397
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

歴史について、あまり勉強をしてこなかったため
若干鵜呑みにしてしまうところがある。

いえ、作り手としては
それが“正しい”と信じて撮っているのかも
しれませんよ。

ただ、正しいかどうかは判断できない。

この手の作品は偏った意見になりがちで
レビューに感想を書こうものなら
どちらか寄りのものの見方と捉えられるのが
オチだと判断し個人的意見も内容には触れず
鑑賞者個々の胸の内に納めておくのが
一番だというのが結論だったりする。

ただ、このようなことが過去にあったということと
淡々と進められていく裁判を第三者的に
鑑賞していくことをお勧めしたい。

記録映像が使用されているために
記録部分と、演出部分の差が大きい。

やっぱり、戦争映画は記録映画を使用するほど
リアルな作品になることは間違いない。
(なんて当然ですけど)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ