ここから本文です

裸女と殺人迷路 (1959)

監督
小野田嘉幹
  • みたいムービー 0
  • みたログ 3

2.00 / 評価:1件

丹波の悪役ぶりは堂々としていますが・・・

  • mal******** さん
  • 2012年8月26日 17時04分
  • 閲覧数 545
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1959年に公開された犯罪映画です。ついでに書けば新東宝映画です。

殺人迷路と呼ばれる繁華街で起きた女性殺人事件。そして野球場売上金強奪事件の顛末を描いた本作ですが、題名にある殺人迷路こそ登場しますが、裸女は登場しませんので、裸女を目当てにした映画ファンの方はそれ承知のうえでご覧になってくださいませ。まあ、私も多少は期待したんですが・・・。

犯人側には変に凛々しい丹波哲郎さんの姿、そして犯人側の恋人を慕うダンサー(これを裸女と称してます)を演じる可愛らしい三ツ矢歌子の姿があり、そういった外側の見栄えは面白いのですが、それぞれの出来事と、やたら人数だけ多い警察側との融合がないため、サスペンス的には盛り上がりに欠けてしまいます。

うまくまとめようとした分、新東宝映画らしさが希薄になったのが、ファンとしては残念な限りの映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ