ここから本文です

上映中

最高殊勲夫人 (1959)

監督
増村保造
  • みたいムービー 11
  • みたログ 100

3.84 / 評価:45件

面白いです

  • jin***** さん
  • 2006年11月19日 14時53分
  • 閲覧数 477
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

増村作品の中では、誰もが気軽に観れる楽しい作品です。
都会派コメディで、B.ワイルダーの作品を彷彿させます。

野々宮杏子(若尾文子)を始めとした女性陣の強さが描かれていますが、面白いのは男性陣です。特に、父親・野々宮林太郎役の宮口精二が、「定年・再就職」「娘を嫁にやる父親」の心境を体現し、正に“日本のお父さん”としていい味を出しています。私は、彼の事、『七人の侍』の久蔵ぐらいしか知らなかったので、とても新鮮でした。

結局、最後に「してやったり。」と思ったのは誰なんでしょうかね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ