ここから本文です

女ごころ (1959)

監督
丸山誠治
  • みたいムービー 0
  • みたログ 3

3.33 / 評価:3件

”イチゴクリーム”ってどんなデザート?

  • bakeneko さん
  • 2011年9月14日 11時25分
  • 閲覧数 319
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

由紀しげ子の連載小説“試験別居”の田中澄江:脚本&丸山誠治:監督コンビによる映画化で、夫の浮気が引き起こした“夫婦別居”の波紋を丹念に描いています。

夫―森雅之
妻―原節子
浮気相手―団令子
が繰り広げる、夫婦&愛人関係の心理ドラマで、結婚十年後の“夫婦の危機”を誇張なくリアルに描いています。現在のドラマでも浮気や別居のお話はもちろん沢山ありますが、(この時代らしく)隣近所の住人や御用聞き&職場の知り合い&親戚や親子の反応が多面的に細やかに語られる所が興味深く、夫が“別居状況を妻の実家に打ち明けにくい”気持ち等は寧ろ今のドラマよりもきちんと描き込まれているといえます。また、浮気された妻の夫への“生理的嫌悪感”や、正妻になる女性と略奪タイプの女性の事物への潔癖感の違いなど―女性の感性が光る作品でもあり、特に女性同士の会話の生き々とした自然さは必見であります。
現代のドロドロ浮気劇に比べて少しあっさりとし過ぎていますが、何しろ妻は原節子さんですから“大暴れ”の修羅場を期待してはいけません。
終始無理の無い展開のドラマで、派手な見せ場のある作品ではありませんが、夫婦と男女の機微をしっかり捉えた作品で、中年以降の既婚者にはいろいろと思い当たるお話であります。


ねたばれ?
本映画を観た全ての男性の心の声を代表して―
“もっと上手に隠さなくちゃあ!”(御免なさい)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ