ここから本文です

たつまき奉行 (1959)

監督
マキノ雅弘
  • みたいムービー 2
  • みたログ 9

3.00 / 評価:2件

佐渡金山の魑魅魍魎

  • oldfilmer さん
  • 2009年2月4日 10時46分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 本格的な時代劇というものが日本映画界から消えて久しいが、この映画でその渇を癒すことができる。
 佐渡金山から金を運ぶ「佐渡丸」が沈没するという事故が起きた。しかし、これは事故ではなく事件だった。既に佐渡金山での採掘量が減少するという報告がされていたが、遠山の金さん(片岡千恵蔵)は採掘量減少という報告を受けて、既に人を潜入させ調査を始めていた。地元の豪商、佐渡奉行がからむ事件を手際よく解決していく。
 佐渡奉行が山村聡、その右腕が徳大寺伸、採掘現場の頭が進藤英太郎、地元豪商が月形龍之介、金さんにほれ込み、捕物を手伝う女が喜多川千鶴、佐渡金山調査に潜入したが行方不明いなった父を探す娘が佐久間良子、その娘を助ける男が東千代介、佐渡の金山のくず拾いをする男が多々良純という芸達者を並べている。
 喜多川千鶴は「金さん」に「渋皮の向けたいい女」と評されるすれっからしの女を演ずるが、着物姿が似合う貴重な女優だ。東映時代劇にはこういう女優が多く登場し、これだけでも一見の価値があると思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ