ここから本文です

ダイヤルMを廻せ! (1954)

DIAL M FOR MURDER

監督
アルフレッド・ヒッチコック
  • みたいムービー 92
  • みたログ 980

3.94 / 評価:247件

目が離せない華麗な密室劇。

  • エル・オレンス さん
  • 2018年8月6日 21時50分
  • 閲覧数 686
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

90分間、終始ニヤニヤが止まらなかったです!

全編通して主人公夫妻の邸宅内という狭い空間で繰り広げられますが、ストーリーがとても綿密でに練られており、夫、妻、愛人、暗殺者、警部のキャラ立ちも素晴らしかったです。

夫が仕立て上げた犯罪計画が、周囲の人間の行動や言動によってじわじわ狂っていく過程も面白いし、それらの狂いを巧みに食い止めていくキレ者ぶりも凄かったです。

そんなキレ者の巧妙さに立ち向かうハバート警部の活躍も見応えありました。俳優のジョン・ウィリアムズは、同1954年は『麗しのサブリナ』でも印象的な演技を披露するなど、彼にとってまさに当たり年だったと思います。

あとヒッチコックのカメオ出演、今回は意外な出現ルートで思わず笑いが(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ゴージャス
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • セクシー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ