ここから本文です

ダイヤルMを廻せ! (1954)

DIAL M FOR MURDER

監督
アルフレッド・ヒッチコック
  • みたいムービー 95
  • みたログ 1,042

3.90 / 評価:293件

推理小説脳なら傑作

  • kaityuu_jiruko さん
  • 2020年11月29日 19時02分
  • 閲覧数 797
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

やはりマーゴとマークの不倫が事件のきっかけの時点でね。
この二人が結ばれてハッピーエンドじゃあまりにトニーが不憫。

特にマークがマーゴの命乞いのためにトニーに犯人を装えって言ってくる場面。
どの面下げて言ってるんだか。ぶん殴るシーンとか入れて欲しいね。

ということで、事件は解決。推理小説的には万々歳。
だけど、頭の固い人には倫理的にモヤモヤの残るラスト。
そして頭の固い私はあえて「物語」を星二つに。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ