ここから本文です

ダイヤルMを廻せ! (1954)

DIAL M FOR MURDER

監督
アルフレッド・ヒッチコック
  • みたいムービー 94
  • みたログ 1,034

3.91 / 評価:285件

サスペンスのお手本

  • 沢口なつき さん
  • 2014年7月6日 21時38分
  • 閲覧数 1131
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

サプライズとサスペンスの違いはサプライズは驚かすコト、サスペンスは興味の持続です

例えば、いきなり爆弾が破裂する、これはサプライズです
最初に爆弾があるぞ、とバラしておく、すると日常のやりとりも緊迫感のあるものとなる、これがサスペンスです

この映画は興味の持続に絞って作られています
観ている側を飽きさせずに、いかに最後まで観させれるか
なので展開が速く、内容が詰まっています

作風も落ち着いていてそても紳士的に作られているので、大きな何かに包まれているような安心感があり、ハラハラドキドキしながらもハメを外さずに観ることが出来ました

現在の、面白ければなんでもいい、という作り方とは違います

とても満足しました

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ