ここから本文です

ダイヤルMを廻せ! (1954)

DIAL M FOR MURDER

監督
アルフレッド・ヒッチコック
  • みたいムービー 95
  • みたログ 1,042

3.90 / 評価:293件

「飲むかね」〜「いただくわ」

  • cmc******** さん
  • 2015年5月13日 23時22分
  • 閲覧数 1582
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

外国の綺麗な景色や街並みを、大画面で見るのも、映画鑑賞のお楽しみ。

だが本作は、殆ど主人公の自宅部屋の中でストーリーが展開される。

しかも、前半は台詞劇かというくらい動きもなく、言わば説明に終始している。

正直、少し集中できなかった処もあったが、人物の描写が面白く楽しんで観る事が出来た。

犯行計画のちょっとした滞りにニンマリ。
警部が、夫の一挙手一投足を窓越しで説明する手法も面白かった。

最後、お酒をすすめる夫に、それを拒否しなかった妻と愛人。
3人の複雑な心情が、良く表現されていた。

髭をなでつけながら電話をする警部の表情が、何とも言えず味わいがあり、やはりヒッチコックだなぁと感心しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ