ここから本文です

ダイヤルMを廻せ! (1954)

DIAL M FOR MURDER

監督
アルフレッド・ヒッチコック
  • みたいムービー 95
  • みたログ 1,042

3.90 / 評価:293件

不倫をしててもお美しいグレースケリー

  • カーティス さん
  • 2015年10月9日 23時48分
  • 閲覧数 1775
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ヒッチコックの手腕が光るコロンボ形式のミステリー。

「ロープ」や「裏窓」のときも思ったのですが、ヒッチコックは本当に会話劇がうまい。リアリティがあるわけじゃないし(むしろかなり現実離れしてる)、カット割りも最近の会話劇主体の映画に比べたらそれほど凝ってない。なのに見せられる。ヒッチコックらしい派手な見せ場がほとんどない作品にも関わらず、100分間飽きずに見れちゃうのは流石としか言いようがないです。

脚本もキャストも良くて大満足。ただグレースケリーはずるいよね。清楚な美しさのおかげで不倫してる感じが全然しない(汗)褒められた人物でもないのになぜだかすごい善人のように思えてしまうw
あと終盤の種明かしがややわかりづらいも難です。それでもヒッチコック作品の中でも上位にくる面白さだと思います

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ