ここから本文です

鉄腕投手 稲尾物語 (1959)

監督
本多猪四郎
  • みたいムービー 3
  • みたログ 3

3.50 / 評価:6件

本人が主演!

  • bakeneko さん
  • 2014年5月28日 7時03分
  • 閲覧数 403
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

1957-9年に30勝以上を挙げ、史上唯一の3年連続30勝を記録した他、1961年には78試合に登板(パ・リーグ記録)して、シーズン42勝という-今のプロ野球では考えられない記録を残している不世出の投手:稲尾和久の半生を描いたスポーツ物語で、クライマックスには巨人との伝説の日本シリーズの本物の試合映像が挿入されています。

人気選手の伝記物語ですが、脇役の-父親:志村喬、母親:浪速千栄子、草野球チームの監督:藤原釜足等の名演によって見応えのある成長譚となっています。
本多特撮作品の名子役:伊東隆が少年時代を生き生きと演じていて、他にも東郷晴子、堺左千夫、山本廉、中北千枝子、江原達怡、如月寛多に加えて、若き日の白川由美やエキストラ時代の星由里子も出ています。
もう一つの見所は、本人役で出演している稲尾和久の迷演技とこれまた本人役の西鉄ライオンズの監督&選手達の現役時代の様子を観ることが出来ることで、当時の九州人の西鉄ライオンズへの応援姿勢もよく分かります。

一少年の成長譚娯楽作品として単純に愉しめる作品ですが、全盛期の選手自身が自伝に出演した希有な作品で、この後もまだまだ選手として活躍したことを思えば、今では考えられない貴重な映画であります。

ねたばれ?
ちらちらと姿を見せる白川由美は多分後の妻となった女性を暗示していますが、目線を合わせる以上のロマンスは語られません(やはりラブシーンは無理だったのね!)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ