ここから本文です

コタンの口笛 (1959)

監督
成瀬巳喜男
  • みたいムービー 9
  • みたログ 21

3.40 / 評価:5件

もっと前向きに作ってほしかった。

  • pin***** さん
  • 2008年10月21日 19時08分
  • 閲覧数 932
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

これも学生時代に石森延夫の原作を読んで感動したものです。

「学生時代だって、普通この本を読むのは小学生か中学生だろう。」などと突っ込まないでください。

この映画も、やはり原作とははずいぶん雰囲気が違うような気がしました。

原作を読んだのがおおかた30年も前ですから、すっかり内容などは忘れているのですが、もっと前向きで力強い内容だったような気がします。

もちろんこの映画でも、民族差別に負けずに、力強く生きようとするアイヌの姉弟を描いてはいるのですが、映像化されているためか、悲惨さばかりが目に付いてしまいました。

ラスト、父の死に伴って、家を追われ、叔父の紹介で見知らぬ家に引き取られていく姿はけして前向きな姿には見えませんでした。

申し訳ないのですが、どこにも救いは見出されず、「アイヌの人ってかわいそう。」程度の感想しかもてないのではないかと思いました。

ところで、先日、文部科学大臣までつとめ上げた男が、日本は単一民族国家云々などと言う発言をして物議をかもしましたが、失言だとか、言葉尻をとらえるといった問題ではないのではないかと思います。

あいかわらずお偉いさんには社会の底辺に目をやる力がないようです。

不透明水彩絵の具のようなこの時代のカラーは嫌いではありません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ