太陽が知っている

LA PISCINE

120
太陽が知っている
3.1

/ 37

5%
22%
51%
22%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • アニカ・ナットクラッカー

    4.0

    人って簡単に死んでしまうんだな・・・

    アラン・ドロンが主演した映画の作品レビューを書き込むのは久しぶりだ。今回取り上げるのは1968年の『太陽が知っている』。ドロンの映画で「太陽」が付いた邦題は他に「太陽がいっぱい」と「太陽はひとりぼっち」があり、「“太陽”三部作だ」などとバカな事を考えた。 僕はドロンの他にチャールズ・ブロンソンとスティーブ・マックィーンのファンなのだが、ブロンソンの映画は「さらば」が付くのが3本、マックィーンの映画は「華麗なる」が付くのが3本ある。太陽、さらば、華麗なる・・・。それぞれの言葉が俳優たちの個性を表しているようで面白い。 原題の“LA PISCINE”はプールを意味する。優雅なバカンスの象徴であり、本作の核心部で起こる殺人事件の舞台でもある。この事件が起こるのは深夜の午前4時であり、邦題の『太陽が知っている』は正しくない。ただし南フランスの陽光が降り注ぐ場面が多く、映画の雰囲気には合っている。 フランスではマルコビッチ事件(ドロンのボディガードが殺害された事件。ドロン自身も関与を疑われたが、最終的に嫌疑は晴れた)の渦中で公開され、空前の大ヒットを記録したという。監督はドロンとの仕事が多いジャック・ドレーで、代表作「ボルサリーノ」のレビューを書き込んだ事がある。 サントロペにあるプール付きの別荘で、主人公のジャン・ポール(ドロン)と恋人のマリアンヌ(ロミー・シュナイダー)がバカンスを過ごしている。お手伝いさんがいて、別荘からは田園地帯の絶景を見下ろすことができ、車でヘアピンカーブの道路を下りていくと海に行ける。僕も一度はこんな優雅なバカンスを過ごしてみたいものだ。 ここへ二人の共通の知り合いであるハリー(モーリス・ロネ)と美人の娘ペネロープ(ジェーン・バーキン)が滞在する事になる。それだけ広い別荘なのだ。ハリーはマリアンヌの元恋人であり、父を疎ましく思いながら逆らえないペネロープは、ハンサムなジャン・ポールに惹かれていき・・・、という感じで4人の関係に波紋が起こるのが大ざっぱな物語だ。 ジャン・ポールは自分の事をほとんど語らず、自信なさそうな目が印象的だ。一度だけサングラスをかけるシーンがあるが、内に秘めた冷酷さが垣間見えたようでドキリとさせる。周囲のセリフから総合すると、彼は17歳の時に自殺未遂事件を起こし、マリアンヌは彼を放っておけないという母性本能から付き合っている。物書きをしたがあまり成功せず、ハリーから「広告代理店の仕事はどうだ?」と聞かれるので生活のために広告の仕事もしているのが分かる。売れない作家によくあるパターンである。 マリアンヌは「彼女の論文は素晴らしかった」と語られるので、教育関係か医療などの知的労働に就いているのだろう。ハリーは音楽プロデューサーとして派手に活動しており、現在手掛けているレコードを聴かせる場面がありなかなかいい曲である。内向的なジャン・ポールに見せつけるように沢山の仕事仲間を招くシーンは、60年代の華やかな若者文化を感じさせる。 ジャン・ポールとペネロープが夜のプールサイドでギターの演奏に耳を傾けるシーンは、嵐の前の静けさと言うべき作中で一番ロマンチックなシーンである。ドロンの美貌はもちろん、スラリと伸びた手足のジェーン・バーキンの美しさには目を奪われる。ペネロープは母親から父は死んだと聞かされていたが、1年前に突然ハリーが現れて父親を名乗り、年の離れた恋人のように連れ回されている。父親としての愛情は感じていない様子だ。 ジャン・ポールに対して自分の優位性を誇示したいハリーは面白くない。ジャン・ポールと娘が深い仲になったのを悟った彼は、深夜に泥酔して相手をなじった挙句に殴り掛かり、プールに転落してしまう。この時点でジャン・ポールの心に殺意が目覚めたかどうかは分からない。しかし助けを求めるハリーを嬲るように、顔を水に押し付けて殺してしまう。気弱な人間がふとしたきっかけで悪魔に豹変する瞬間をドロンはうまく演じていた。表題の「人って簡単に死んでしまうんだな・・・」という言葉は、この時のジャン・ポールの気持ちはこんな物ではないかと思って書いた。 泥酔してプールで泳いだ末の事故死に見せかけるため、ジャン・ポールは偽装工作を行うが、捜査を担当する刑事(ポール・クローシェ)は折りたたまれていたハリーの衣服が汗もシワもない事に疑いを持つ。結局ジャン・ポールが殺害したという明確な証拠は挙がらないものの、楽しいバカンスはもはや終わりだ。人が死んだプールで泳ぐことはできず、水を抜くしかない。 そしてマリアンヌはジャン・ポールの偽装を目撃していた。ラストシーンはカーテンの閉ざされた室内で、秘密を共有した二人が抱き合う場面である。警察の追及に怯えつつ人目を気にして生きて行くしかない。豪華な別荘も取り壊される運命なのだろう。そう思わせる幕切れであった。

  • 小野 道風

    5.0

    完全犯罪?

    太陽がまばゆい南仏サントロぺの大別荘に滞在していた2組の男女。彼らの愛憎のもつれから起こる殺人事件を描いたサスペンス。果たして結末は如何に…!?どうぞお楽しみ下さい。

  • bar********

    2.0

    偽『太陽が~』

    太陽が知っている。これだけの豪華俳優陣を揃えつつも……というより、これは『太陽がいっぱい』の焼き直しでしょうか? 単純に輸入するときに邦題つけた人が狙っただけかなと思いましたが、作中でもそれを意識したような感じに。 これはやっちゃいけないレベルですね……俳優陣見たさに画面を見てしまうってのはあるんですけど、それでも気になるのが撮影や演出、シナリオの粗雑さ。2匹目のどじょうって、やっぱりいけませんね。『太陽がいっぱい』の真髄はこんなものではありませんでしたから。やっぱり中身を作るのって、難しいんですね。 おおまかなストーリーは悪くないものの、細かいセリフの陳腐さがとても気にかかりますし、あのアラン・ドロンが、こんな半端な男になっているのはちょっと信じがたいところではあります。見たくないというか。HDリマスターなんぞせずに闇に葬り去ってしまった方がいいと思います。 ※このジャック・ドレーという監督、『ボルサリーノ』の人でしたか。あれも悪くはなかったのですが、記憶に残らない凡作レベルでした。つまりはそういうこと……。

  • sec********

    2.0

    ネタバレ内容は、2匹目のどじょう レベル

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • じゃむとまるこ

    3.0

    ティーンエイジャーのジェーン・バーキン

    アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、モーリス・ロネ、ジェーン・バーキンというキャストですから、内容はどうでもよろし、観るしかない。 1960年『太陽がいっぱい』の大ヒットでアランドロン主演で次々公開された”太陽”シリーズの一本ですが、それは日本だけの話で、フランスでは全く別の映画として、気合は入っています。 監督はアラン・ドロン専属といっていいようなジャック・ドレー(『ボルサリーノ』とか)音楽はミッシェル・ルグランで衣装はクレージュ。 昨年公開された本作のリメイク『胸騒ぎのシチリア』はサスペンスとしては物足りず、俳優の演技とシチリアの自然、衣装のゴージャスさを味わう映画になっていたのですが、本作はそのあたりはどうかという興味もあり、このDVDをゲオさんで見つけたのは、やったね!でした。 『胸騒ぎのシチリア』は骨子はほとんど変わりなく忠実にリメイクされていました、味付けは現代風になっていますが。 そして本作もリメイク版と同じくサスペンスとしては穴だらけというもので、こんなので完全犯罪など無理というものなのですが、その展開上どうしても『太陽がいっぱい』を思い出してしまいます。 作家アラン・ドロンと恋人ロミー・シュナイダーがバカンスでサントロペの別荘に滞在しているところにロミーの元恋人モーリス・ロネが娘ジェーン・バーキンを連れて訪ねてくる。 しんねり嫉妬深く心の内を探り合いながら、フランス映画ならではの恋愛の駆け引きが続く、こういう映画だと思えば心理模様が面白いのですが、後半の事件の展開があまりにも浅く落差が大きい。 ただし、見どころいろいろあり興味深い。 プールサイド、映画はドロンとロミーのきわどいラブシーンから始まる、このころ二人は恋愛関係にあった時?と思ったら、5年前に別れていたのね、それにしても熱いシーンでした。 ロミーの黒のビキニ、白のワンピース、魅惑の水着姿がよい。 8年前『太陽がいっぱい』でドロンに殺されたロネがここでも・・・そして彼の娘がティーンエイジャーなのにやたらと色っぽいジェーン・バーキンですから(実年齢22歳)、あまり面白くない分俳優の魅力を味わうことに集中できます。 当時アラン・ドロン33歳、超絶美形ですが、何というかもっさりしているんですね。 対するロミー・シュナイダー30歳、”目”の演技が凄い、迫力があります。 最後に選択した道は・・・・リメイク版との微妙な違いに時代を感じました。 リメイク版でティルダ・スウィントンの衣装はディオールでしたが、こちらはクレージュのドレスを着こなすしなやかの猫のようなロミー・シュナイダーがとても魅力的でした。 スリリングは映画ではなく俳優の実人生でした(汗)

  • oce********

    3.0

    太陽は知らないが正解

    恋人と過ごすため別荘にやってきた作家。 そこに恋人の元彼がやってきて、口論の末作家は溺死させる。 アラン・ドロン主演でこの邦題はあまりに狙いすぎかと思うが、設定が似ているのは否定できない。 1時間以上プールに入ったり、くつろいだりという中身。 そこから対立に入り、殺人を決行。 刑事がやってきて疑惑の目を向けられる作家。 ラストも含めてこの邦題ならなんとなく納得してしまう。 ただし「太陽がいっぱい」よりはかなり退屈な中身だった。

  • スーザン

    3.0

    お話は辛気くさいです。

    またまたアラン・ドロンに殺されることになるモーリス・ロネ。 『太陽がいっぱい』から8年後くらいか・・・、少々老けた二人である。 前半はずーっと男女の仲のどうたらこうたらがフランス風に延々続く。 飽きてきたころにようやく動きが・・・。 決してサスペンスフルな映画ではなく、4人の俳優たちをため息交じりに鑑賞する目的の作品である。 若きアラン・ドロンは言わずもがな。 ブルーアイの野卑なムードはまだまだこのころは健在。 モーリス・ロネは『太陽がいっぱい』の時は若くてハンサムさんだったけどね。 目の保養となると除外。 ロミー・シュナイダーは惜しみなく露出してくれます。 そしてジェーン・バーキンのスレンダーボディーは見逃せない。 ファッションも着こなしもカッコいい!

  • いやよセブン

    3.0

    アラン・ドロンとモーリス・ロネ

    当時、実際に起きた殺人事件でスキャンダルの渦中にいたアラン・ドロン、「太陽がいっぱい」と同じく殺されてしまうモーリス・ロネ、アラン・ドロンと婚約を解消したロミー・シュナイダー、これに若手の美女ジェーン・バーキンが加わる。 前半はロミー・シュナイダーの美しくエロティックな肢体で見せてくれるが、事件が起きる頃から雲行きが怪しくなり、最後は収拾がつかなかった感じ。 しかしこれだけのメンバーが揃うのは圧巻で、俳優を見ているだけで時間がたつ。

  • k00********

    3.0

    完全犯罪成立?

    アラン・ドロンとモーリス・ロネといえば「太陽がいっぱい」 この2人昔から相性が悪いらしく、ドロンがロネを殺すことになる。勘の鋭い警察が決まって現れて、捜査が始まるあたりからハラハラ・ドキドキのサスペンスが始まった。予想は、ドロンが捕まるか、非業の死。予想は裏切られた。ロミー・シュナイダーがドロンの為に一役買って出たようだ。 アラン・ドロンの目はブルーの犯罪者の目、いつも眉間にシワをよせてカッコつけている。昔はそれでモテたが、現代では笑われるぞ。

  • mal********

    3.0

    プールのシーンが多いのには理由がある。

    1969年に公開されたサスペンス映画です。 ごっつい別荘で毎日イチャイチャしてる(であろうと思われる)マリアンヌとジャン・ポールの所へ、マリアンヌの元カレのハリーと娘のペネロープ(色気ありすぎの18歳です)が訪れ、互いの関係が微妙に変化が生じ、やがて殺人事件が起きるのだった・・。 というのが、おおまかなストーリなんですが、映画に大きな動きがあるまで約小一時間、好き者同士の恋愛ゲームみたいなのが結構しつこく描かれ、映画的な展開は正直だるかったです。 こうなると、アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、モーリス・ロネ、ジェーン・バーキンといった出演者の見た目のカッコよさと(ロネさんは微妙だったな)美しさを目の保養目的として映画を楽しみました。 事件が発生してからも、展開的には静かなんですが、これはこれで面白かったですし、なんといっても、自ら不幸を背負うことを承知の上で取ったマリアンヌの度胸というか、ある種執念深い決断は、それこそ底なしの怖さがありました。と同時に、改めて女性の偉大さを痛感させてくれるサスペンス映画でした。

1 ページ/1 ページ中