ここから本文です

ジャン・有馬の襲撃 (1959)

監督
伊藤大輔
  • みたいムービー 3
  • みたログ 7

3.00 / 評価:3件

解説

 慶長14年マカオで日本の御朱印船が襲われ日本人48名が殺され、有馬晴信が仇討ちのため黒船を爆沈させるに至った史実を元にした海上スペクタクル時代劇。「女と海賊」の伊藤大輔が脚本と監督を担当した。主演は市川雷蔵。  イベリヤ王国の珠江市で日本人の処刑が行われ、さらに処刑中止を叫んだ日本人居留民も殺害された上、御朱印船まで砲撃された。長崎に入港したイベリヤ船の船長カストロは、珠江での事件を日本人の暴動とし、損害賠償と謝罪を要求。事件の真相を知った島原の有馬晴信は家康に訴え出て、イベリヤ船からの日本人奴隷の解放と復讐を願い出るが、家康に訴えを退けられてしまう。しかし晴信は家康の命に背いても、イベリヤ船を襲撃するつもりでいた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ