ここから本文です

暴れん坊森の石松 (1959)

監督
佐伯幸三
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

3.00 / 評価:2件

唄はチャッキリ節~♪

  • bakeneko さん
  • 2016年9月6日 18時52分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

フランキー堺が森の石松に扮して暴れまわる-同年(1959年)に創られた「森の石松幽霊道中」の姉妹編で、清水の次郎長:加東大介や追分三五郎:鶴田浩二などの主要登場人物は前作と同じ役ですが、堺左千夫や環三千世ら脇役は別の役で出演しています。
安西郷子(“ローラ顔”に日本髪が素敵♡)と中田康子のダブルヒロインに加えて、デビュー仕立てのザ・ピーナッツが歌い、柳家金語楼、中田ダイマル&ラケット、大村昆やミヤコ蝶々ら芸人がコメディリリーフを努めていますし、悪役も山茶花究と丹波哲郎の豪華共闘勢力であります。

前作の活躍で名を上げた代わりに“偽石松花盛り”となった東海道を遊行中に、偽石松に父親を殺された為に、本物を仇と間違えたヤクザの跡取り娘に恋をして助太刀を買って出た石松の奮闘譚が、コメディ&歌&アクション満載で繰り広げられる娯楽作ですが、クライマックスでの「キートンのセブンチャンス」を再現した障害物が転がる傾斜を走り戦うアクションでは、本物の樽を沢山転がしているので(安全の為にハリボテを使っていた)本家を凌駕する“危なさ”が必見で、“そこまで本気を出さなくても…”と、怪我人が出なかったか心配になりますよ!

ねたばれ?
ええっ、樽の中は本物の醤油だったの?(てっきり密輸品が入っていると思ったのに!-こっそり運ぶ必要ないじゃん!)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ