ここから本文です

暗黒街の対決 (1960)

監督
岡本喜八
  • みたいムービー 5
  • みたログ 33

3.63 / 評価:16件

東宝暗黒街物の最高作

  • 夢童隣寝 さん
  • 2014年4月24日 20時16分
  • 閲覧数 591
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

三船敏郎のトレンチコート刑事がカッコよく、革ジャンの鶴田浩二にとって不遇だった筈の東宝での数少ない代表作である。


三船と鶴田のコンビは初期の共演作・続・宮本武蔵 一乗寺の決闘、
・宮本武蔵 決闘巌流島の武蔵と小次郎のキャラクターを引きずっている。

司葉子がシタタカ女でギャングのボスが河津清三郎なのはハマリ役で参謀核が中丸忠雄。
夏木陽介と中谷一郎が真面目な警官、佐藤允が鶴田の弟分で間抜けな殺し屋にミッキー・カーチスや天本英世というお馴染みの東宝一家総出演。
但しこの作品で一番カッコ良かったのは悪徳弁護士兼殺し屋隊ボスを演じた平田昭彦です。


・ゴジラ等のSF特撮物の博士役でおなじみの人ですが鶴田を向こうに回すと持ち味のインテリジェンスに加え別人のようなスゴ味を出しています。
特に中盤の銃撃戦で地面を這って逃げようとする鶴田の前に仁王立ちで拳銃を構え“どうやら勝負あったね!”というシーンは喝采物です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ