ここから本文です

続べらんめえ芸者 (1960)

監督
小石栄一
  • みたいムービー 2
  • みたログ 1

未評価

解説

 前年に公開された「べらんめえ芸者」の続編。監督の小石栄一、脚本の笠原良三と笠原和夫、撮影の西川庄衛、音楽の米山正夫など、前作と同じスタッフが集結した。美空ひばりが粋で鉄火な江戸っ子芸者に扮し、前作に引き続き唄と踊りと啖呵を披露する。  〈富喜乃家〉の小花は、かつては柳橋の有名な待合〈春日〉の孫娘だった。今や母のすみは小さな天ぷら屋〈花恵〉の経営を叔母のまきに任せている。まきは〈春日〉を再興させようと〈花恵〉を担保に入れ料亭〈喜楽〉の買収をもくろんでいたが、小花は絶対反対の立場を崩さなかった。すみが昔〈春日〉で働いていた杉から「喜楽を買い取るから女将にならないか」と持ちかけられ、小花は思わず「喜楽は自分が買い取る」と大口を叩いてしまう。翌日、小花はオリエント電機で働くテレビ技師の二宮卓也と知り合うが、二人はやがて社長の椅子を狙う勢力争いに巻き込まれていくのだった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ