ぼんち

105
ぼんち
4.1

/ 51

39%
39%
14%
8%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(20件)


  • 0calorie

    5.0

    美しき時代

    今は亡い船場言葉も文化も女優達も雷蔵も本当に美しい。 後世に遺したい名作。

  • aki********

    4.0

    男の色気

    船場言葉が皆様とても美しい。 お召し物も美しい。 役者さんも美しい。 そしてラストの風呂場のシーン! 生の女が生々しく…!! 市川雷蔵さんの色気もたまらない。 ただ、山崎豊子氏の原作は長すぎるのでストーリー展開が端折って早すぎではありました。

  • cek********

    4.0

    面白うてやがて哀しきぼんちかな

    むかしの「なにわことば」ってこんなに品と情があったんだとしみじみ。 序盤ちょっと話がザクザク進み過ぎる感があるんだけど、さすが巨匠市川監督、人間(特に女性)の業をこれでもかってくらいちゃんと描いてはります。 市川雷蔵はさすが。「もうちょっとしっかりしなはれ!」としかり飛ばしたくなるぼんちをしなやかに好演。 すばらしい女優陣の競演を観るだけでも価値ある一本。 ラスト、若尾文子、京マチ子、越路吹雪の入浴シーンの……あえて言おう「どエロさ!」市川崑監督、あなたのスケベさに感服、敬服、眼福!

  • hor********

    4.0

    キレッキレの演出

    スピーディーに話が進み、邦画的なまどろっこしさがなく好感の持てる展開。 若旦那の人の好さは父親譲りかな。 最初いけすけない若旦那に見えたが、だんだん温かみのある人に見えてきた。 それに比べて女ども、、

  • bar********

    4.0

    ぼんち

    ぼんち。市川雷蔵と市川崑の市川コンビによる映画ですね(^_^) 山崎豊子が原作の本を書いた。いやあ、良作だったと思います。見事に大阪の生活情景が活写されており(といいましても昭和初期の実態など少しも知りませんが、リアリティがあると感じました)、昔の艶のある風情がよく映されていました。 懐古主義者の言い分にはあまり耳を貸したくないと思っておりますが、少しは過ぎ去った時代に思いを馳せる楽しさが分かったような気もします。あのころは○○だった……私はそういった言葉が大嫌いでしたが、昔の日本人の心というものに触れられるような、このような映画を見ると、まるでそのときにタイムスリップしたような感覚が生まれ、自分の奥に眠っていた古い日本人としての情が、(それは嫌な、陰湿なものも含むのですが)ふつふつと目を覚まして呼びかけてくるように感じました。 市川雷蔵の演技も見事ですし、さまざまな女性たちの演技も高水準で素晴らしいと思います。音楽も高クオリティで印象的でした。また数々の女性遍歴も変化に富んでいて、飽きさせない作りになっています。 ですが演出においては、最高クラスと呼ぶほどではなく、普通よりは良いというレベルに留まったと思っています。静かに少しずつ淡々と、ストーリーは描かれていくのですが、ちょっとメリハリといいますか、刺激のコントロールがうまくなかったかなと感じられました。生活描写に力を入れるあまり、全体としてのテーマの表現が弱くなっているように感じます。これで強烈なテーマ性があったらよかったのですが、日本小説にありがちな「おとなしい、優等生的で性格的に欠けたような」ストーリーの流れになっていて、他の傑作などと比べるといまひとつパワーがない。人間の奥底をえぐるような、人間の魂を揺り動かすような、強烈さがない、なるほど美しいのはそうだけれども、あってもなくてもいい、存在の軽さといいますか、そういう日本文学界に特徴的な弱点が出ちゃっていると思います。原作の罪かもしれませんが。 もちろん強烈なものを描けば、それだけ美しく描ききるのが難しくなります。それがちょっと頭の痛いところです。ですが海外の作品はそういうところが上手なんですね。スケールが大きくて、そしてさらに深遠な、それでいてしっかり自己完結している世界を持つ偉大なストーリー制作者がたくさんいます。 関係ない話でしたね(笑) この映画は日本小説を下敷きにしているせいか、その色がとても濃く出ていましたので、つい脱線してしまいました。名作というほどではありませんが、見ればきっと「よかった」と思える作品だと思います。

  • 飴 里

    4.0

    大阪らしい

    主人公の大阪の代々続く商人の町船場足袋問屋のぼんぼん喜久治(市川雷蔵)の生き様を描く。 古いしきたりが故に、喜久治が流されている様にも取れるが、結果的には喜久治の人生は こうなる運命だったと納得させられるように思えた。主体性のない生き方を演じる市川雷蔵と彼を取り巻く多くの個性の強すぎる女優たちのコントラストが印象的。 脚本の和田夏十と市川崑らしさを上手く表現している。 大阪の船場という独特の文化を今に伝えるという観点からも興味深いし、船場の出身原作者山崎豊子の描く泥々した心理描写は、現実味が滲み出ていて流石と言うしかない。

  • sin********

    5.0

    秀逸

    特に出演者の大阪弁。セリフまわしの特訓をやった??

  • おおぶね

    4.0

    偉大なるアンバーソン

    オーソン・ウェルズの『偉大なるアンバーソン家の人々』を観た後ではこちらがすごい。 伝統って恐ろしい。 女は恐ろしい。 芸妓遊びをできるのは才能だ。 何が面白いのか全く分からない。 知人の子で金沢の藝妓になったのがいたけれど、その後どうなったか? 足袋か不要になるのは新美南吉の「おぢいさんのランプ」を思い出させる。 直流にこだわったエジソンも。

  • mat********

    5.0

    感情移入できないが、テンポよく楽しめた

    2本見た市川雷蔵主演作はどちらも時代劇で、それしかないかと思いきや、現代劇もある、ということで、こちら 1960年、市川崑監督作、山崎豊子原作 ・・・数年前に亡くなった山崎豊子さんの作品が56年前に映画になってるのもビックリです 大阪・船場の足袋屋のぼんぼんの、昭和初期から戦後までの話 56年前だけどテンポのよさにビックリ。サクサク話が進む 昔ながらのしきたりを体現して君臨する祖母の存在感がデカイ 腰ぎんちゃくな母(山田五十鈴)、いびられる嫁(中村玉緒)、主人公を取り巻く女たち(若尾文子、草笛光子、京マチ子、越路吹雪)・・・という豪華女優陣・・・これだけで満足感あります 時代が時代、妾も普通みたいな価値観の中で、派手な女性関係が展開されるんですが、雷蔵の軽妙な感じ、なんかイヤじゃない 現代的な価値観からすると、とても感情移入できる人物じゃないけど、なんだか楽しく見れてしまう不思議 楽しめました ★5 山崎豊子さんは映画に不満だったという記事。興味深いです。小説も読んでみたいかも http://www.raizofan.net/bonchi/bonchi1.htm

  • kih********

    4.0

    船場の女たちに舌を巻く

     大阪船場の若ボンさんの話だった。女系家族の中で、ちょっと頼り無げな若ボンさんだった。若ボンさんに関わる女性たちの、賢いこと、強いこと、したたかなこと、舌を巻いてしまう。  空襲で焼き払われた中に、若ボン=ぼんち の蔵だけが残っていた。現金が残っていた。紙幣を山にして関わりの女たちの前に並べる。よくもまあ揃って生き残っていたものヨと、このことだけでも驚嘆ものだが、更に、女たちがあっさりと札の山を懐に収め、またサッサと引き上げて行く場面、これは圧巻だ。あっぱれ。呆れて、もう笑うしかない。  『ぼんち』の物語だから主人公はぼんちだが、いやぁ、実際の主役は母であり嫁であり妾たちだ。いやぁ、船場の女ちゅうのは、怖いでっセ。えっ? 今でもどこでも女は怖いってでっか、ほんまでっか。へぇ、すんまへん。

  • じぇろにも

    4.0

    ネタバレ紋付で歩く落語家中村鴈治郎[2代目]

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kor********

    5.0

    ネタバレ探る竹はコミカルであり、ホラーでもある。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ami********

    5.0

    暖簾を凌ぐ お奨め作品!

    市川雷蔵主演!山崎豊子原作!市川昆監督! この方々の絶大なるチカラが結集した傑作です! お奨めします。 暖簾を観た時に感極まって、山崎豊子作No1と書いてしまいましたが、 この「ぼんち」とは甲乙つけがたいです。他人に奨めるのはこちらかも。 あ、それから「浮草」の宮川一夫撮影てのもみそです。 八代目市川雷蔵というと、どうしても二枚目時代劇俳優というイメージ で私は特に興味がありませんでしたが、俄然興味がわいてきました。 37歳という短命(直腸癌で没)であったが故にファンの間では神格化 されている彼の、時代劇ではない「炎上」なども直ぐに見たい気持ちです。 さて「ぼんち」ですが、市川雷蔵とりまく女優陣がまたこの映画の厚み を一層分厚くします。仲居頭お福に京マチ子、芸者ぽん太に若尾文子、 妻弘子に中村玉緒、娘仲居幾子に草笛光子、女給比沙子に越路吹雪、 母勢似に山田五十鈴、そして強烈な祖母。父船越英二とは違い、女性には 大そうな自信でうまく転がしている雷蔵ですが、戦争で船場が焼けた 後に垣間見る彼女たちの逞しさに、雷蔵が肩を落とすシーンは、彼に とっての生涯のトラウマになったことでしょう。 純な私目も、トラウマになるのでした。。 大阪船場のオンナ尊オトコ卑的な社会で、ふて腐れず仕事を目一杯 やり商売を繁盛させ、女性も大勢喜ばせる、そして戦争で店を全て失い 最後はやはり女性は一枚上手であることを知る。 なんという波乱万丈な人生でしょうか。 私だったら髪の毛がサザエさんの波平なみの頭になることでしょうね。 この映画のうたい文句に「放蕩の限りをつくしても、その底にぴしりと 帳尻の合った遊び方をする・・・・・それを大阪ではぼんちと呼ぶ!」 ってのがあるそうですが、じじいになって分かるのは、女遊びをうまく やってなかったもんは、仕事で大成しないよな。とつくづく思うので した。あ、男性に限ります。

  • s1a********

    5.0

    昔の人は 凄い

    俳優がすばらしいのだ 女優も 俳優も それを動かす監督がいた すごい

  • inu********

    5.0

    文句の付けようのない一級品の映画

    映像に疎い私にも分かる、他とは違う艶のある画面。 光はまばゆく、影は重く。 宮川さんは違うわ。。。。。。やはり凄い。 冒頭から終わりまで美しさが溢れる映像。 市川雷蔵さんの演技。 母祖母からの過度な干渉を諦めて受け入れつつも、 人間の嫌な部分を引き継がず、心優しいぼんぼん。 達観したような演技が心に残る。 脇を固める豪華名優達。 素晴らしき映画だ。

  • suk********

    5.0

    市川作品ベスト1

    市川雷蔵のぼんぼんぶりが、はまり! 市川昆監督の育ちとあいまって、実によい味を出している映画です。 自分の店が燃えている時の、あの雷蔵のとぼけた味がすごい。 こうなる人いるかも、って思いました。 深い洞察力のある映画だと思いました。 私的には、市川作品のベスト1です。

  • lov********

    5.0

    艶っぽい…

    いやー面白かった。 なんとなく、駆け足的な感じは否めないが 俳優陣の良さにぐいぐい 引き込まれていってしまい、最後まで見ました。 一番最後の引き戸を開けて外に出て行く様が ちょっとジーンときてしまいました。 とにかく最近の邦画も洋画も 俳優がとにかくつまらない。 あたしが年を取って、頭が固くなって 彼らの良さをわかっていないのかなー なんて思っていたけれど。 いや、いややっぱりこの時代の方達と比べると なんだかなーって感じですわ。 大人の映画ですね。

  • いやよセブン

    5.0

    船場のぼんぼんからぼんちへ

    山崎豊子原作、市川崑監督、市川雷蔵主演の傑作ドラマです。 船場の足袋屋は3代続いた養子から5代目は実子(市川雷蔵)となった。 この5代目は見かけ以上にしたたかで、家の実権を握っている祖母との関係を維持しながらやりたいようにやっていた。 見合いで嫁(中村玉緒)をとったが男の子が生まれた途端に離縁、お妾さん1号は芸者(若尾文子)、2号も同じく芸者(草笛光子)だが出産時に死亡、3号は女給(越路吹雪)、4号は料亭の女(京マチ子)で、みんなに感謝されている。 圧巻は疎開先での若尾文子、越路吹雪、京マチ子の入浴シーンで、女性のしたたかさを印象強く表現している。 市川雷蔵のキャラは強烈で存在感はさすがだ。

  • ********

    5.0

    女系家族、性欲、国策

    1960年。市川崑監督。大阪の大店に生まれたぼんぼん(市川雷蔵)が家柄のしきたりに従いながらも次々と妾を作っていく話。女系家族に生まれた男が家のなかに妻を迎え入れる場合の母や祖母とのいざかいを避けて外に囲うほうを選んでいくのですが、それが母や祖母の思惑とも一致するし(外部女性の排除)、次々と女性に魅かれていく自分の性欲にも一致する(制御できない性欲)。どこにも対立や葛藤がないまま次々と妾は増えて子供もふえていくのですから(しかもすべて男の子!)国策とも一致しています(兵士の増産)。恐るべし「妾政策」。 それが破たんするのは戦争で焼け出された女たちが一堂に会してしまうからですが、それを機会に男はすっかり女性たちから離れていく。特に妾3人(若尾文子、越路吹雪、京マチ子)の入浴を見て「肉そのもの」を感じてげんなりしてしまう。戦争に負け、祖母も死んでしまうと同時に性欲を失う男。国策を離れ、女系家族から離れ、性欲から離れる。 今や男は、死んだかどうかわからない女性たちの戒名をすべてそろえている。「妾政策」から開放される男の映画。

  • gar********

    4.0

    女の美しさと怖さが同席した作品

    舞台は、大阪船場。伝統と格式を重んじるこの町で5代続く足袋屋の当主喜久治(市川雷蔵)の姿から、船場に生きる人々の人間模様を映し出したドラマ。 『不毛地帯』や『沈まぬ太陽』のドラマ、映画化でさらに注目されている山崎豊子さんの船場物(大阪の商家が舞台の作品)の映画化。 船場物といえば、大映は若尾文子さんや京マチ子さん、そして田宮次郎さんを使って『女系家族』を映画にしています。こちらが、伝統と格式(それは因習に他なりません)に縛られた女性たちのドラマだとすれば、この作品は女系という家庭環境にメゲることなくたくましく生きていく一人の男性の生き様を、モダンなテイストあふれる映像を持った良作です。 まず何より素晴らしいのは、市川雷蔵さんです。私はこの人の出演作を今回初めて見ましたが、実に素敵な二枚目です。船場のぼんぼんというどちらかといえば女性的な雰囲気をまといながらも、男性的な強さとたくましさ、そして洒脱さを持った喜久治を好演しています。早くに亡くなられたのが惜しまれますが、二枚目ながら確かな演技もまた魅力的です。 そして、この映画を彩るのは女性たち。喜久ぼんの妾になっていく女性たちの、ぽん太の若尾文子さん、幾子の草笛光子さん、比沙子の越路吹雪さん、お福の京マチ子さんの四人に出番は少ないがぼんの妻になるが姑二人にいびられる弘子を演じた中村玉緒さんという実に魅力的な女性陣がそろってます。特に私が好きなのが、若尾さんのぽん太です。「心底芸妓なんです」と公言する花柳界の粋な物腰に、若い女らしいピチピチとした魅力、そしてお手当をいただく時の何ともチャッカリした性格まで生き生きと楽しく演じていました。特に魅力的なのがぽん太が喜久ぼんのお座敷に初めてやってくるシーンです。ぽん太は、御贔屓の旦那たちからもらった指輪を10本の手の指と足の小指に一つ付けています。しかしぼんの「これからは一つだけにしてやるで」のセリフで指輪を外していきます。この時の若尾さんの仕草は、愛嬌と図太さが同居していてユニークです。ぽん太というキャラクターがどういうものなのかをあのシーンは、見事に表現していたと思います。 そして、強烈なキャラクターなら毛利菊枝さんのぼんの祖母きのと山田五十鈴さんのぼんの母勢以でしょう。船場の因習を体現するかのようなこの母娘は、ネチネチとした意地の悪さやえげつなさを体現したような人物です。特に中村玉緒さん演じる弘子を野菜の切り方でイビる所や弘子の月のものを調べるために厠の中をかき回す(これはヤダ)所などは、そんな底意地の悪さやえげつなさが際立ちます。他にもあの手この手でぼんに絡んでくるこの二人を演じた毛利さんと山田さんの演技もまた、この映画の見所です。 伝統と格式と格闘しながらたくましく生きた男の半生を、モダンな映像で描いた文芸ドラマ。女の美しさと怖さが同席した作品です。

1 ページ/1 ページ中