ここから本文です

黄線地帯(イエローライン) (1960)

監督
石井輝男
  • みたいムービー 1
  • みたログ 34

3.00 / 評価:11件

暗黒街の雰囲気が

  • kei***** さん
  • 2013年11月18日 19時41分
  • 閲覧数 508
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

依頼主に裏切られた殺し屋が、
行きずりの女性を盾に逃げ延びる。
女性の恋人が後を追う。
殺し屋は復讐を果たすが、
自らは警官に撃たれて死ぬ。
女性は恋人のもとに。

これ、アラン・ラッドが初主演でブレークした
「拳銃貸します」と同じ筋立て。
ただ、違うのは、こちらは、バックになる「カスバ」
といわれる神戸の暗黒街の特異さがきいていること。

殺し屋に扮する天知茂は如何にも「夜の男」らしく、
ヒロインの恋人役の吉田輝雄はまさに「昼の男」で
二人が違う世界の住人だというにおいがよく出ていた。
それに対し、ヒロイン役の三原葉子はどっちつかずで
モット「昼の世界」の女らしい女優のほうが良かったのではないか。

もっと

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ