ここから本文です

大陸横断超特急 (1976)

SILVER STREAK

監督
アーサー・ヒラー
  • みたいムービー 30
  • みたログ 205

3.68 / 評価:95件

大陸横断おバカ騒ぎ。

  • kun******** さん
  • 2017年2月3日 8時55分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

巨人が出たり複葉機で列車に追いついたり、荒唐無稽な感じの列車映画。
今このロス~シカゴの列車を楽しむのに幾らなのか?調べたらツアー料金5万
程度。
随分気軽にアメリカ旅行が楽しめる様になったのですね。
純粋ロス→シカゴ アムトラック料金は12000円程度。
この映画の時代1970年代、横断列車旅はお金持ちの特権みたいなものだった、けど今その気に成れば誰でも行ける。
その気には成りませんけどねww
ネタバレですけど、列車から落ちる事3たび、主人公が あ~又かみたいな
その度におバカ保安官とかが出てハチャメチャな展開。
主人公が保安官事務所で殺人事件が有ったと訴える、保安官が一人殺されたのか?みたいに2人殺された、3人、4人と掛け合い漫才みたいな展開。
高名なレンブラントの段が4人目の被害者って、ここの掛け合いは吹替で楽しむ
より、英語が堪能なら生の方が数段楽しい場面じゃないか?と思いました。
間の楽しさですから、レンブラントhhhhおバカ保安官と劇場大爆笑の筈
ですからね。
アメリカ人が全てレンブラントを知ってるか?それが問題ですけど。
この展開なら列車突っ込み大破が締めだろうなと思ったけど、その通りで
実は当時のポスター画像を見ると、そこの場面が売りだったのですね。
見てるうちにそのポスターが脳の中に蘇り、それとは意識しないで
結末が判ったのかもしれない何て思いました。

ヘンリーマンシーニの音楽は甘切なくロマンスに良い花を添えてましたね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ