ここから本文です

切られ与三郎 (1960)

監督
伊藤大輔
  • みたいムービー 2
  • みたログ 39

3.43 / 評価:7件

舞台劇そのままな大げさな世界

  • hi6******** さん
  • 2010年8月27日 1時42分
  • 閲覧数 884
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

あの有名な台詞の「やさ、お富」が出てくる話である。
基本的には、騙され男の一代記みたいな話で、
話的は芝居の大げさな話を、伊藤大輔の古臭い演出なので
余り見どころもない。

雷蔵を騙す女優陣が、淡路恵子(お富)、中村玉緒と堂々と悪女を
演じている。
富士真奈美が可憐な少女役!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ