ここから本文です

壮烈新選組 幕末の動乱 (1960)

監督
佐々木康
  • みたいムービー 0
  • みたログ 11

3.50 / 評価:8件

池田屋,、居酒屋で復活へ 百三十年振り

 幕末の大事件「池田屋騒動」の舞台となった京都市中京区の「池田屋」跡で、約130年ぶりに「池田屋」が復活する。7月に新たに開店する居酒屋の店名に「池田屋」が冠されるためで、地元の商店主なども「町おこしの起爆剤に」と期待を寄せている。
「池田屋騒動」は1864(元治元)年7月8日に発生。旅館池田屋で会合していた尊王攘夷派の土佐、長州藩士らを新選組が襲撃し、新選組の名を世間に知らしめる切っ掛けとなった。主人の池田屋惣兵衛は反幕府勢力を匿ったとして捕らえられ獄死。池田屋も営業停止となった。その後、縁者らによって近くの三条木屋町付近で同じ屋号で営業していたが、やがて廃業した。

「国を思う心はひとつ」がテーマの作品で、見所は片岡千恵蔵の近藤勇、若山富三郎が演じる沖田総司の立ち回り.奔走する近藤勇等新選組の活躍を中心に、佐幕、勤王派の群像を浮彫りにする感動大作。片岡を筆頭に、豪華キャストの共演も見所の一つ。

戦前では彼らの敵であった薩長中心者が政府の元勲であったこと、また皇国史観の影響により賊軍となった新選組を否定する風潮が強く、新選組は悪役として扱われる事が多かった。 しかし、昭和初期に子母澤寛が新選組始末記にはじまる「新選組三部作」を発表すると、単なる「悪役」ではないという新たな認識が広まった。 新選組は、武士になることを宿願としており、目的達成の為に武士に匹敵する活躍をした為、特に現代の若者たちから幕末日本を象徴する存在と看做され、根強い人気を誇る。新選組隊士らの墓参りをする女性ファンも多く、坂本龍馬ら勤皇の志士と共に“日本史のアイドル的存在”となっているが、明治政府が新選組らと敵対する勤皇派志士達によって設立された経緯もあり、近年まで史学的にも殆ど注目されることがなく、現在における人気は子母沢寛や司馬遼太郎らによる新選組をテーマにした数々の小説やTVドラマ・映画等の影響が大きい。テロリズムは、近代的意味では、反体制側の組織的暴力行為のみを指すことが多い為、この観点からは、当時反体制側としてテロ行為を行っていたのは、長州藩出身の勤皇志士側であり、新選組は体制側である江戸幕府の一組織としてテロ集団の弾圧に当たっていた。

新選組!(2004年NHK大河ドラマ 脚本:三谷幸喜 主演:香取慎吾(近藤勇))
香取慎吾「新選組!」中盤のヤマ場“池田屋事件”香取は壮絶な立ち回りに「新選組をやってるんだ!と一番実感した」。この時から香取慎吾に注目し出した。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ