レビュー一覧に戻る
鑑賞用男性

bakeneko

5.0

ネタバレ変な服のオンパレード!

前年の「モダン道中 その恋待ったなし」でも、実験的な御遊びを映画に楽しく取り入れていた頃の野村芳太郎の、稚気溢れる“恋愛&社会コメデイ”の怪作であります。 冒頭の楽しいアニメーションから才気闊達な映画遊びを魅せてくれる作品で、アメリカ式スクリューボールコメデイを鋳型にしながら、社会風刺的なユーモアも盛り込んだハチャメチャな喜劇で楽しませてくれます。特に沢山の映像の御遊びに加えてミュージカル的なサービスは愉しく、深刻な作品で悲劇的な役柄の多い有馬稲子の“陽性の魅力”を最大限に引き出した作劇と彼女のファッションの数々は眼福であります(そして、華を添える芳村真理&桑野みゆきも可愛らしい♡)。 冒頭の有馬稲子の被っている帽子から始まる、“とんでもないファッション”を終始愉しく笑える作品ですが、同時に“でも現代の若者ファッションも客観的に観れば笑えるものが有るよなあ”と、ちょっと社会的な考察に考えが遊ぶ側面もある映画であります(それにしても“あの服装での銀座ロケ”は恥ずかしかったろうな~)。 万人にお勧めの、破天荒な“映画遊び”、ハリウッド式恋愛コメデイの邦訳、ミュージカル7変化シークエンス、トンデモファッション、女優&男優の可愛らしさ等を愉しく観ることの出来る作品であります。 ねたばれ? 一瞬のカメオ出演に、津川雅彦、山本豊三、三上真一郎、川津祐介が見られます(全員同じシーンです!注意してね!)。

閲覧数657