レビュー一覧に戻る
大草原の渡り鳥

jig********

3.0

前作とつながってるぽい”渡り鳥5”

釧路にやってきた滝伸次(小林旭)が 先住民族を苦しめる悪の一味と対決するという 「渡り鳥」シリーズの第5作目です。 とりあえずシリーズをずっと観てると 作りが同じような・・という部分に気付く。 冒頭で宍戸錠氏演じる男に会うし、 たどり着いた街や村では、 とりあえず怪しまれて襲われそうになる。 今作の冒頭は前回と同じだなぁと・・デジャブか?w 今回はアイヌ民族を守るということらしいですが、 たぶん北海道に昔から居る民族というところは 知ってますが、詳しく知らないというのが現状。 勉強が必要かなとちょっと思いました。 木彫りの熊の置物が劇中に出てきますが、 アイヌ民芸品なんですね。 最近は見かけないけど実家にもあったなぁ。 最近は(といっても5年くらい前だったけど)木彫りの ふくろうがイチオシらしい・・。 今回は馬の背に子供も引き連れていて、 誰だっけ?この子とか思ってましたが、 滝が、わざわざ会津(前作の舞台)から連れて来たんだ。 とか言っていたので、どうやら前作の最後で 一緒に行こうと連れ出した少年の模様。 一応話はつながってたわけやね。 いっそのこと宍戸錠氏も毎回新キャラにせずに 連れまわせばそれこそ水戸黄門みたくなったのでは・・ と思いました。

閲覧数480