レビュー一覧に戻る
笛吹川

笛吹川

123

kan********

5.0

木下恵介が描く時代劇

木下恵介鑑賞作品が一週まわりで映画館にかかっている。 本作は2週目にかかったのだが、観そびれてしまったため、レンタルDVDにて鑑賞した。 夜中にかけたので眠くなったら中断して寝ようかと思ってたが…結局、最後まで鑑賞してしまった(笑) 内容は戦後時代の武田家領地のある農民家族が武田家の隆盛と没落に翻弄される様を描いている。 ラスト付近では兄弟たぢが何とか助かって欲しいと願ってしまうが、かなり辛い状況を見せられる。(特に河原での婆さんと孫は…) ラストは淡々と切ない。 本作は白黒作品だが赤黄青の色が景色や人間にかかる。 最初は違和感があったが途中からなれてしまったね。(モザイク的な役割もしてたのかな)

閲覧数1,045