レビュー一覧に戻る
武器なき斗い

ali********

5.0

日本の戦争、軍国主義、言論弾圧の悪循環

昭和の日本の戦争の原因は、日本人が熱狂したとか、中国が(日本の侵攻に)猛反撃したとか、アメリカに(軍事的にではなく経済制裁で)追い詰められたとかいう右派本が並ぶが、日本国内で戦争を自由に議論・報道できなかった事実を、忘れてはいけません。政治家でさえ、軍や戦争を批判すると殺された時代です(5.15事件、2・26事件)。それ以外の国民も、治安維持法のもとで、政府や戦争を批判すると、特別(秘密)警察の取り締まりや拷問の対象になったのでした。 言論や政府批判の自由が失われ、一方的な宣伝が繰り返されたために、戦争を止められなくなり、逆に戦争を拡大し戦死者が増え「お国のために命をささげた英霊の努力をムダにするな」と宣伝されために、戦争を嫌がり批判する自由主義(リベラル)を「非国民」(今の「反日」と同じニュアンス)だと弾圧しやすくなったのです。悪循環です。 そのあたりの昭和史は、高校や大学で学ぶはずですが、映画としては、この『武器なきたたかい』が鮮烈に記録しています。とはいえ、1930年代、政府の統制や警察力の強化があるラインを超えると、とくに日本では一部の良心的な人が頑張るくらいで、どんどん統制が強まっていった。「専制に抵抗するなら早いうち」という教訓です。結局、日本は第2次大戦を起こして大きな被害を出し、敗北し、連合国に占領され指示され、新憲法を提案されるまで、自分の力では自由と民主主義を回復できなかった。日本人は、強い者には抵抗しない人が多い。 重厚な映画ですが、一度は見ておきたい。他にこのテーマを取り上げた日本映画としては、『軍閥』『少年H』などがお勧めです。ドイツ、フランス、イタリアなどにも、レジスタンスの映画がたくさんありますが、市民の抵抗意識はもっと高い。

閲覧数490