ここから本文です

縞の背広の親分衆 (1961)

監督
川島雄三
  • みたいムービー 2
  • みたログ 13

3.00 / 評価:4件

川島監督にしては

  • kin***** さん
  • 2019年11月14日 9時21分
  • 閲覧数 189
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

東宝映画としては珍しくヤクザが題材。(後年、高倉健の「冬の華」なんてのもありましたが)と言っても、喜劇仕立てです。

 柳沢類樹の脚本は、とにかくギャグをどれだけ多く盛り込めるかに命をかけている感じ。川島雄三の要求もあったのでしょうか?
 本作はネタが渋滞している感じで、川島雄三の中では凡作だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ