ここから本文です

名もなく貧しく美しく (1961)

監督
松山善三
  • みたいムービー 25
  • みたログ 140

4.33 / 評価:51件

息子に語らせたかったから

  • reoconi さん
  • 2018年8月29日 22時30分
  • 閲覧数 857
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

有名な電車の中での手話シーンは何回見ても胸が締め付けられます。
電車から舞い散るちぎれた紙切れは愛の証…のどかな時代だったともいえましょう。
オープニングは忙しく動き回る二人の手のみ。
素晴らしい。
最後について、お涙頂戴が目的かというご意見がありますが、いえいえ、とんでもありません。小さいときは何もわからなかった息子が、今、両親を誇りに思っている事、母を深く理解し、愛していることを、観客に示すために必要だった結末だと思います。

美しい草笛光子、達者な原泉、あたたかな小林桂樹、そしてご主人松山善三さんを押し上げようと?気迫あふれる高峰秀子の名演。
木下啓介映画と比べると主人公がメソメソするシーンが少なくて、それがかえって心を打つ名作です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ