ここから本文です

俺は都会の山男 (1961)

監督
小野田嘉幹
  • みたいムービー 0
  • みたログ 1

2.00 / 評価:1件

タイトルの意味がよくわかりませんが・・・

  • mal***** さん
  • 2013年12月21日 11時15分
  • 閲覧数 179
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

1961年に公開された新東宝のアクション映画です。

主人公の朝比奈(吉田輝雄)は不正とか賄賂、まあ曲がったことが大嫌いな他の人よりも正義感だけが強いだけの男。そんな朝比奈はスリの相棒と”喧嘩屋”を営み、町のチンピラをやっつけて人気者になる。もちろん多くの女性たちも彼を追いかけまわすのだが、彼はそんなことに興味なし。やがてそれを面白く思わない連中が彼を罠に陥れ、町を牛耳ろうとするのだが・・・。

というのが、おおまかなストーリーです。きっと新東宝はライバル会社の東宝の爽やか路線映画を狙ったんでしょうが、敵対するチンピラに怖さと品がないのがマイナスで、主人公を演じる新東宝の看板スター吉田輝雄はスマートでかっこ良いのですが、ずっと瞳孔が開き気味の表情が不気味に感じます。

エロ・グロ・ナンセンスが新東宝映画らしさというのもどうかと思いますけど、本作にはそのエッセンスが少なすぎましたし、タイトルを全く活かせてないのがもったいないです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ