ここから本文です

さいころ奉行 (1961)

監督
内出好吉
  • みたいムービー 1
  • みたログ 2

4.50 / 評価:2件

異彩を放つ進藤栄太郎

  • oldfilmer さん
  • 2009年1月25日 1時51分
  • 閲覧数 296
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

東映時代劇で悪役として名を高めた進藤栄太郎がここでは、おつむは弱いが腕っ節はめっぽう強いトリックスター役で、片岡千恵蔵とコンビを組み、勧善懲悪劇を盛りたてている。チャップリンよろしく鼻の下にひげを蓄え(もっともチョビひげではないが)、コミカルな役回りで見る者を飽きさせない。進藤栄太郎を語るにこの作品は欠くことのできない程の出来栄えである。また、大老を妬む老中が大老の追い落としを謀る陰謀に加担した商人、浪人が「世直し党」を名乗り、世を震撼させていたが、その一味が将軍の歌舞伎鑑賞の機に乗じて、将軍さえ亡き者にしようとする暴挙を察知した「金さん」が芝居進行を乗っ取り、自ら歌舞伎役者として舞台を「お白州」に設定しお裁きを始める段は、歌舞伎役者として役者人生を始めた片岡千恵蔵の面目躍如である。また、藤田佳子、丘さとみの女優としてのお色気も十分堪能できる作品である。それに加え、昔、「総天然色」と号して銭湯を賑わしたポスターに恥じぬ色合いも映像美として楽しめる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ