ここから本文です

月形半平太 (1961)

監督
マキノ雅弘
  • みたいムービー 0
  • みたログ 9

3.00 / 評価:3件

最後の映画化作品

  • ogi***** さん
  • 2016年7月29日 15時26分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「月様、雨が、、、」「春雨じゃ濡れて参ろう」

月形半平太は1919年大正8年新国劇で上演され人気を得て16回(!)映画化されこの作品が最後。薩長同盟締結前夜の時期を描く幕末時代劇。時代劇で幕末を取り上げた嚆矢とされる。

この最後の映画の翌年から産経新聞で司馬遼太郎の「竜馬が行く」が連載開始された。

薩長同盟の話なのに坂本龍馬が全く出てこない事から武市半平太は時代遅れのメロドラマとして消滅したのだ。つまり架空の人物武市半平太はその役割を終えたのだ。

大川橋蔵さんの熱演が哀しい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ