ここから本文です

社長道中記 (1961)

監督
松林宗恵
  • みたいムービー 1
  • みたログ 44

3.87 / 評価:15件

解説

 源氏鶏太の原作『随行さん』をもとに、笠原良三が脚色し松林宗恵が監督したコメディ。森繁久弥の当たり役「社長シリーズ」の一作であり、一ヶ月後に続編「続・社長道中記」が公開された。  女好きで有名な太陽食料社長の三沢英之介が、大阪へ出張することになった。大阪支社の売上が悪いための視察だったが、社長夫人は営業部長の倉持に夫が浮気をしないようにと依頼。倉持は缶詰の試食係である桑原を同行させる。三沢社長は大阪行きの電車内で、宿泊先の旅館で、次々と美女にアタックした。しかし桑原はそんな社長の攻撃をブロックするのだった。そして舞台は白浜へ。業界団体の会合が行われる白浜で、三沢社長は東京からやってきたバーのマダムをものにしようとするのだが…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ