ここから本文です

黄昏 (1951)

CARRIE

監督
ウィリアム・ワイラー
  • みたいムービー 19
  • みたログ 124

3.70 / 評価:46件

メロドラマはかくの面白いものか!

原作がドライサーだけに予想通り暗い話です。

でもどのシーンも「映画だなあ」と思わせる「華」が散りばめれておりハッピーエンドでも何でもない筈なのに観終ればどこか晴れ晴れとした余韻が残ります。

この作品を知ることでルイ・マルの「ダメージ」を何故私は軽蔑していたのかを確信できました。

特に落ちぶれたオリビエが肺病らしき状態で木賃宿で横たわるさまを俯瞰で近づいていくシーンは素晴らしかったです。

アキ・カウリスマキはもしかしたらこの作品へのオマージュを傑作「浮き雲」に込めていたかもしれません

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ