ここから本文です

黄昏 (1951)

CARRIE

監督
ウィリアム・ワイラー
  • みたいムービー 18
  • みたログ 99

3.88 / 評価:34件

お金は無くしても心は無くさない

  • jig******** さん
  • 2011年8月19日 0時45分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

年上のダンディな紳士に惚れるのは
彼にお金があったからなのか、
それとも真の愛だからなのか・・。


主人公の女性が都会に出てきて働いた先が靴工場らしく
えらい数のミシンと女性従業員の数に驚き。
昔は大量生産するにはこれくらいの人海戦術で
あたっていたかと思うと、現代は人手を使わずに自動で
色々出来ているあたり工場のオートメーション化が
かなり図られているのだなと感じます。
そういう意味で当時の工場での様子やら、
当時の時代背景(不況だったらしい)なども
作品からうかがい知ることが出来て興味深いです。


年上紳士には妻も子供も居て、
そこからすったもんだになりますが、
全てを捨ててまでも彼女と一緒になりたいと願う彼の愛、
それが無謀に見えても彼の行動に一貫性があれば
彼女もついてくる・・はず。
とはいうもののやはりお金が必要だというのはなんとも悲しい。
愛はお金では買えないけれども
お金がなくては生活もままならない。


あんなお金持ちだった男の転落人生を思うとなんとも切ない。
最後に二人が再開した時に見せた彼の行動、
あぁこれこそが愛でもあり彼が見せた最後の
プライドなのかなと思いました。
お金は無くしても心は無くさない。
彼は最後まで紳士でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ