ここから本文です

黄昏に燃えて (1987)

IRONWEED

監督
ヘクトール・バベンコ
  • みたいムービー 50
  • みたログ 92

4.50 / 評価:29件

人物描写がすばらしい

  • tnhnq さん
  • 2007年10月4日 0時16分
  • 閲覧数 526
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

浮浪者まで落ちてしまった男の敗者復活物語。
男の回想にゴーストがクリスマスキャロル並みに演出してあって、羨ましい位視覚的に自分の人生を振り返って反芻していた。
こんなに浮浪者に感情移入したことが無い位、メリルストリープやジャックニコルソンの役に共感して心が痛かったし、画面からくさそう汚いだろうな、、が目に入ったけどそれらが気にならないくらいストーリーに引き込まれた。
この映画位「それでも人生は続いて行く」のを感じた映画はない。
どこでうっかり人生を誤ってしまうかわからないし、どこにチャンスがあるかわからない。けっして諦めないで繋げていくしかないんだな、って思えた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ