ここから本文です

宮本武蔵 (1961)

監督
内田吐夢
  • みたいムービー 4
  • みたログ 110

3.83 / 評価:30件

お吟、ほったらかし

  • ultra_kandenchi さん
  • 2007年1月23日 1時55分
  • 閲覧数 670
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

シリーズ第一作。このシリーズは壮大な群像ドラマである。主演の錦之助はもちろん大熱演だがそればかりが見所では決してなく、三国連太郎のさわやかさ、木村功のダメ男っぷり、入江若葉の初々しさなどが、時に錦之助以上に目立ってとても魅力的だ。

この作品でのタケゾウは喜怒哀楽が剥き出しで、ある意味では2作目以降の求道者然としたムサシ像よりも魅力的だと思う。顔が黒すぎないか?ってのがちょっと気になる点だが、白塗りスタアからの脱却を目指す錦之助の気合はひしひしと感じられる。

しかしそれを超えるのが、三国連太郎の悠々爽々とした沢庵のキャラクター作り。この映画を見るのは、もう5回目ぐらいだけど、見るたびに三国の演技の素晴らしさに見入ってしまう。

ところでお吟はどうなった?何度見てもわからないので、いつも気になる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ