ここから本文です

宮本武蔵 (1961)

監督
内田吐夢
  • みたいムービー 4
  • みたログ 105

3.86 / 評価:28件

解説

 吉川英治の同名長編小説を、成沢昌茂と鈴木尚也が脚色し、内田吐夢が監督した大型時代劇。中村錦之助主演によるシリーズ五部作の第一部で、関ヶ原合戦の敗走から白鷺城天守閣幽閉までが描かれる。  慶長五年九月、関ヶ原の合戦で敗れた西軍に加わっていた武蔵(たけぞう)と又八は、お甲とその娘の朱実に救われる。二人は戦場で死んだ侍から金品を奪う盗賊だった。朱実に誘惑された又八はお甲母娘とともに姿を消してしまう。豊臣方の残党として手配された武蔵は、又八の許婚のお通と七宝寺の沢庵和尚の手により生け捕りにされ、剣を捨てた。やがて沢庵は武蔵を姫路の白鷺城に連れて行き、天守閣の開かずの間に幽閉して去って行った。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ