ここから本文です

たそがれの女心 (1953)

MADAME DE...

監督
マックス・オフュルス
  • みたいムービー 6
  • みたログ 19

4.33 / 評価:6件

耳飾りより耳かき棒などいかがですか。

  • 百兵映 さん
  • 2017年1月12日 12時33分
  • 閲覧数 334
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 私のようなデリカシーのない無粋な男には、何ともくだらない物語でしかない。「女心ってこんなんですか?」「耳飾りがそんなに……ですか?」と思ってしまう。決闘の話になった時には、「そうだ、やっちゃえ」と思う。

 年甲斐もなくついこんな気分を誘われるのだから、映画の作品としては上出来なのだろう。パリの伯爵・将軍や男爵・大使による貴婦人分捕り合戦だが、これっていつの時代なんだろうね。こんなことで軍事や外交がうまく進行するのだろうか。大戦前の緊張の時期か。同盟圏拡大は恋人の獲得(新人獲得より寝返りや横取り)合戦のようだ、と老軍人がいう。

 時代が違うし、東西の文化も違うし、だから見方は一致しないだろう。この貧富格差拡大の東洋の年寄には、耳飾りより耳かき棒でも贈ってやりたい。それだったら私の年金でも出来そうだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ