ここから本文です

女の勲章 (1961)

監督
吉村公三郎
  • みたいムービー 8
  • みたログ 30

4.00 / 評価:12件

この元ネタを知りたい

  • ami***** さん
  • 2009年10月25日 12時22分
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

なかなか面白い。何で観た人が少ないんだろう。。
吉村公三郎監督の作品は、このYahoo!映画では観てる人が少ない。。

私が知っている監督では、市川昆に近いかしら?
「女性映画の巨匠」と呼ばれていたらしく、この映画でも
京マチコ、若尾文子、叶順子、中村玉緒のそれぞれの
女性を丁寧に表現していますよ。


さて、この物語は事業欲に燃える銀四郎に扮する田宮二郎に振り回
される女性4人の話ですが、洋裁教室の先生 式子(京マチコ)、
3人の弟子の中で一番の野心家の倫子(若尾文子)、お嬢様育ち
でどこか薄っぺらい かつ美(叶順子)、おとなしそうで意外に
したたかな富枝(中村玉緒)のそれぞれ4人が自らの欲を満たす
為に割り切りながらも銀四郎と関係を持っていくのだが、、

結局、一番純粋で、割り切れない式子だけが、一番の苦しみを味わい・・・


音楽はなぜかサスペンス風。でも中身は男と女の愛憎劇です。

山崎豊子の作品なので、何かがモデルになっている気がするんですが、、
誰か知りません?
なんて聞きたくなる作品ですが、結局、田宮二郎のあの演技っぷり
が一番の見所かもしれませんね。黒シリーズと犬シリーズを足して
2で割ったような性格の役どころですけど、最低人間 を完璧に
演じてますよ。ほとんど素じゃないかしら・・


実は、森雅之さんも出てるんですが、これがまたお金持ちのぼんぼん
の教授役で、おっ、今回は渋いなと思いきや、最後はやっぱり、
優柔不断な人でした。この人は裏切りませんねぇ~。


しかし、京マチコさんと中村玉緒さんが処女の設定って・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ