南の島に雪が降る
4.1

/ 26

35%
42%
23%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(11件)

切ない15.2%悲しい13.0%泣ける13.0%絶望的6.5%笑える6.5%

  • der********

    3.0

    日本的な反戦映画

    ここに出てくる日本の兵隊さんたち、飢餓と悪性伝染病に苦しんでいるとは思えないほど、血色がよくふっくらとしている。加東大介の面貌がそう思わせるのかと思ったが、ヒゲモジャの敗残兵、小林桂樹だってそう(人肉すら食した『野火』『軍旗はためく下に』の兵隊さんとは大違い)。 ここに出てくる日本の兵隊さんたち、将校から二等兵まで、みんな人情味豊かないい人ばかり。上官のイジメやしごき、リンチなんてこれポッチもなく、全員で演芸班を応援する(これじゃあ、戦争に勝てないよ!)。 ここに出てくる日本の兵隊さんたち、お世辞にも熱帯のジャングルとは言えないロケ地で一生懸命道路整備。戦略的に無価値なんだろうか、米軍だって単機による空襲と機銃掃射だけで上陸する気配は皆無(熱海か伊豆七島あたりでロケしたのだろうか?)。 ここに出てくる日本の兵隊さんたち、演芸班に編入された兵隊さんの顔ぶれがすごい。芸人、落語家、喜劇役者――一芸に秀でた綺羅星のごとき彼らのなかにあって、特筆すべきはワンシーンのみ登場するフランキー堺の演技(吹き替えなしのピアノ演奏!)。 ここに出てくる日本の兵隊さんたち、生きて日本に帰れた兵隊さんもいたけれど、多くは故郷を遠く離れた戦場で家族を思いながら無念の死を遂げていった(あなたたちの目に『瞼の母』の降りしきる雪はどう映ったのだろうか?) 日本の兵隊さんは戦場でひどい目にあいながらも、それでも人間性を失うことなく頑張っていたんだよと、情緒に訴える日本的反戦映画の名作。

  • stanleyk2001

    5.0

    演劇という虚構が生きる力を与える

    加藤大介さんの手記を基にした実録戦争映画。 制海権制空権を連合軍に奪われたニューギニア。食糧は届かず畑で芋を栽培する有様。加藤さんは慰問の為の演劇を提案。プロ、セミプロ、自称プロ、偽物(!)まで人材は豊富。 作り物の柿に歓声を上げ書割の田圃に故郷を思い出す兵士たち。旗揚げ公演が成功してなんと破風を備えた立派な専用劇場まで建設してもらい演劇公演は大成功を収める。 「全滅」した為存在しないことになっている分隊が3日かけて劇場に来る。体調が悪い兵士が「もう一度内地を見たい」と懇願し担架に運ばれて劇場に向かう。 紙で作った雪が降りしきる中、兵士は息絶える。 餓死か、病死か、爆撃で死ぬかという現実。演劇という虚構が生きる力を与える。 加藤大介、西村晃、有島一郎、伴淳三郎、渥美清、三木のり平、桂小金治、小林桂樹、フランキー堺、森繁久彌、これだけの喜劇役者が揃っているのに涙が止まらないのは何故だ。

  • goo********

    5.0

    ただ泣くのみ

    私の祖父は広島県呉市生まれ、江田島海軍兵学校出身の将校で、太平洋戦争で戦死したとのことである。祖父の娘、つまり私の母は、赤ん坊の頃親戚に引き取られ、疎開先の東北福島に居を構えて落ち着いた。なので私自身も、今は東京で暮らしているが、生まれてから高校までは福島県で育った。 そんな私が今日初めてこの映画を観たのだが、映画でこんなにも泣いたのは生まれて初めてだった。 そして後半は嗚咽に変わった。 当時の過酷な戦地での兵隊さんの心情など私ごときが理解できる訳もないが、雪国出身の兵隊さん達が、雪が降るシーンで堪えきれずに涙を流したのは痛いほど分かる(私も東北出身なので)。皆、どれほど生きて日本に、故郷に、家族のもとに帰りたかったことだろうか・・・。 翻って、現代の日本には、薄っぺらい平和主義・反戦主義を声高に叫びながら、当時の日本は、ただひたすら帝国軍国主義に狂い戦争に自ら突き進んでしまった馬鹿な時代だったなどと批判する輩が実に多い。 しかし、そんな輩にはこう返しておきたい。「当時の日本人は、君達なんかよりずっとずっと優秀だったはず。それでも、今から見れば戦略として失敗じゃなかろうかと思える事も多々あるが、そんなのは後からなら、誰でも幾らでも言えることだ。」とね。 この映画を観て、改めて私は、国、故郷、家族のために命を賭して戦ってくれた祖父やご先祖様達に、ただただ、感謝するのみである。 合掌。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ雪の素材はパラシュート!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • his********

    5.0

    後世に

    ドンパチ物でない戦争映画として語り継ぐべき作品だと思います。 個人的には、加東氏が醸し出す空気が好きです。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


加東大介加藤軍曹
伴淳三郎鳶山一等兵
有島一郎篠崎曹長
西村晃前田一等兵
大江俊輔叶上等兵
佐原健二北川上等兵
和田孝塩原上等兵
中原成男間島上等兵
渥美清青田上等兵
上田忠好小野上等兵
加藤春哉斉木兵長
ロリー小林中原一等兵
桂小金治大沼一等兵
立岡光立岡上等兵
織田政雄村田大尉
どんぐり三太坂本一等兵
志村喬浅川中将
三橋達也小林少佐
細川俊夫杉山大尉
森繁久彌森大尉
三木のり平二木上等兵
フランキー堺坂田伍長
小林桂樹小林伍長

基本情報


タイトル
南の島に雪が降る

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-