ここから本文です

妻は告白する (1961)

監督
増村保造
  • みたいムービー 11
  • みたログ 154

4.05 / 評価:59件

脇役の存在感も光る佳作です。

  • mal******** さん
  • 2013年9月6日 12時33分
  • 閲覧数 1405
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

1961年に公開されたサスペンス映画です。

登山で事故に遭遇し、自分が助かるためザイルを切り離して、夫を殺してしまった妻は無罪なのか?それとも有罪なのか?それを焦点に映画は展開していきます。

裁判公判中、一緒に助かった男性と妻には、ただならぬ関係があったのではという噂が浮上。ということは、故意の殺人だったのではという疑問も次第に大きく描かれ、世間から疑惑の目で見られる妻を若尾文子が時に弱く、時に堂々とした態度で演じています。

個人的にはファンではない若尾文子がクライマックスで見せた情念に翻弄される姿は、何とも怖くそして哀れに感じ、本作の印象を強烈にしていると思います。

また、若尾文子以外にも俗物の夫を演じた小沢栄太郎、なんとも凛々しい川口浩、そして根上淳や高松英郎は近年の日本映画にあまり感じられなくなった存在感があって、かなり見ごたえがありました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ