レビュー一覧に戻る
白昼の無頼漢

bakeneko

5.0

ネタバレニューヨークシテイ銀行が日本にあった頃…

米軍基地近郊のアメリカ銀行の現金輸送車を狙う強奪グループと暴力団の欲に塗れた死闘を活写した深作欣二の出世作で、誰も信用できない状況での出し抜きあいの決着を見つめる作劇となっています。 アメリカ駐留軍基地の御用銀行の資金を強奪すべく、宮原(丹波哲郎)は、基地の黒人兵トム・トウェイン(アイザック・サクソン)、ラジオ店を経営する金山正夫こと韓国人洪全成(春日俊二)、アメリカ人ブローカーのジョン・ケンデイ(ダニー・ユマ)とアン(ラビン・シェルトン)そして、愛人の亜紀(久保菜穂子)とその弟三郎(曽根晴美)らによる現金輸送車襲撃計画を発案する。途中から加わったトムの恋人:花子(中原ひとみ)を含めた8人は周到な計画を練りながらお互いを出し抜こうとしていた。更に暴力団の芝山(沖竜二)一味も計画を嗅ぎつけて…というクライムサスペンスで、後に同じ現金輸送車強奪サスペンスの傑作「いつかギラギラする日」を撮る深作欣二は、ニュー東映の限られた予算を上手く使って上質の娯楽作を作り上げています。 82分のコンパクトな上映時間で、ギラつく欲望と疑心暗鬼状況下での襲撃犯罪を活写したクライムアクションの佳作で、黒人と日本人のハーフを演じた大きな瞳がチャーミングな中原ひとみはそのまま黒人の美人娘で通りそうですよ♡ ねたばれ? 丹波哲郎の英語はどう聞いても“ジャパニーズイングリッシュ”なんだけどなあ~

閲覧数35