反逆児

110
反逆児
3.5

/ 14

29%
21%
29%
14%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(7件)


  • kin********

    5.0

    ネタバレ大作の風格

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ind********

    3.0

    特典の予告編がお宝映像でした

    誰でも知っている信長と徳川家康にまつわる、知るひとの少ない歴史ミステリーを取り上げていて、期待しての観賞ですが・・・。 「武田と内通した」として信長が家康に、その長男信康と妻であり信康の母を殺すことを命じた事件が題材ですが、この事件の真相はなおもミステリーの一つになっています。 映画の原作は大佛次郎で、監督は伊藤大輔とさらに「芸術祭参加作品」という東映としては文芸大作に挑んだようです。 さて、作品で明かされた事件の真相は、ベースに桶狭間で打ち取られた今川の血統の信長に対する復讐心、信長の信康に対する嫉妬とも思える敵愾心、そしてドラマのエンジンとなるのは信康と妻である信長の娘、信康を溺愛する今川血統の母の嫁姑三角関係騒動・・・う~ん、否定するところはどこにもないのだけど、なぜか得心がいかない消化不良。 昭和の「夫婦間」「不倫感」「マザーコンプレックス」はやはり戦国時代の価値観とは馴染みが悪かったのではないでしょうか? ここは信長と家康の関係を軸に、歴史事実に目を向けて、味付けに家庭内不和を「それも原因の一つ」というように振りかけた方がよかったのでは?と思えるのですが。 歴史劇に家庭内不和を持ち込んで、それをかなりの演技者が熱演するので、どこか滑稽にも見えてしまう・・・ハムレットになりそこねたような中村錦之助。切腹シーンが痛ましく見えました。 が、さすが往時の映画産業の隆盛がいかにすごいものであったか、できあがった映像は迫力満点です。切腹シーンも伊藤大輔の真骨頂「そこまでやる」のリアリズムです。 ここのところ信長についての新資料や新説が登場しているので、新視点の「信長公記」があってもいいかなあ?と思います。 戦国物が大好きな方にはおすすめです。不平・疑問を抱くのも歴史を知ればこその憧憬の深さ、ああだこうだと論じながら、ステイホームをお楽しみください。 特典映像の予告編で大佛次郎と伊藤大輔監督のツーショットが観れます。

  • bakeneko

    5.0

    ネタバレ姑と嫁の争いには どんな勇者も敵わない…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rec********

    5.0

    映画だけが起こし得る恐ろしい瞬間 

    淀川長治さんは本作を昭和36年のベスト1に推しております。 伊藤大輔は中村錦之助の熱演に涙したそうな。 東映はこのあと 加藤泰「明治侠客伝 三代目襲名」 石井輝男「網走番外地」「徳川いれずみ師 責め地獄」 鈴木則文「エロ将軍と21人の愛妾」 深作欣二「仁義なき戦い」 という誉れ高き日本映画を輩出したことを紐解けば 「反逆児」がいかに恐ろしい映画だったか。実際、上記傑作5本どの作品にも「反逆児」精神が脈打っております。 ラストの切腹は文字通り画面にくぎ付けでした

  • ann********

    5.0

    錦之助がいい!

    中村錦之助の躍動感のある舞がいい! 嘘はつかない、潔いよい、妻を愛しているところも◎。 母に不信を抱きながらも守るべきところはきっちり守る辺りも 最後の柱の傷のシーンや、 家来も三郎信康の事が好きで泣きながら、、、というシーンもいい。 家康ってやっぱりズルイ感じに描く人が多いんですね。 まあだけど、 あまりよく考えずに行動する妻を持つと困りますね。

  • jig********

    3.0

    その反逆は誰に向けたものだったのか

    戦国時代で”反逆児”て誰だ?とか思いましたが なんだ「信康」さんでしたか・・て誰?w ま、冗談ですが 徳川家康の長男ですね。 彼を描いた作品があったとはなかなかマニアック。 歴女はついていけるだろうか。 家康の跡を継いだのはもちろん2代目将軍”秀忠”ですが、 家康には今作で描かれている有能だったと言われている 「信康」という息子がおりまして、 ついでに言うと、結城(ゆうき)家に養子に行った”秀康” という息子もいたはず。 「信康」も”秀康”も武勇に優れていたとのことで、 戦下手な”秀忠”(※)が後継者になっちゃったというのは なんとも歴史の面白さを感じます。 話戻って今作の「信康」ですが、 名前の示すとおり信長の”信”の字を貰い 名乗っただけあってその武勇は有名だったようで、 そのあたりの逸話も残されているお方。 今作でも信長が彼の武勇を警戒している様が描かれています。 最終的に「信康」は 信長からの申し出により切腹させられることになるのですが、 それに至る経緯は未だによくわかってなくて諸説あるようです。 母親の築山殿と武田勝頼(信玄の子)が通じていたとか、 信康と妻の徳姫(信長の娘)が不仲だとか(これは本当らしい) 実は家康と信康が不仲だったなどなど。 (”秀康”と家康は不仲だったらしい) 私が聞いた話では 「信康」の技量の高さに恐れを抱いた信長が なんだかんだいちゃもんつけて彼を切腹に追い込んだ みたいなことを聞きました。 早いうちに芽を摘んでおけってことか。 今作もそれに近い描写ですかね。 ちなみに、なんで家康が信長の言いなりになって 息子の切腹を承諾したのかというところですが、 当時は家康は武田からの圧力などを受けていて 信長しか頼る人がいなかったという状況だったので 従うしかなかったとか。 大河ドラマ(だったかな?)などでは泣く泣く 息子の切腹を承諾してた気がします。 介錯人の服部半蔵は主命といえど従えず、 他の者が行ったそうな。 享年21歳。 彼が生きていれば歴史が変ったかも・・と 言われる人物の生涯を知るにはいいかもしれません。  ※徳川秀忠   かの「関が原の戦い」に参加するべく家康の別働隊として   4万近い軍で先発し周囲の敵を倒しながら関が原へ向かうはずが   真田昌幸(信繁(幸村)の父)率いるわずか数千の兵が守る   上田城を攻略できず関が原の戦いに遅れるという大失態を犯す。   この失態に怒った家康は、しばらく彼と会わなかったんだとか。   家康は以前も昌幸を攻略できなかった苦い経験があり、   「大阪の陣」の際に大阪城に真田入城と聞いた際には   恐れおののいたとか。   入城したのは父か?息子の方か?と尋ね、   息子の方と言われても昌幸の謀略じゃないかと疑ったとか。   (この時息子はまだ無名だったので恐れられていなかった)

  • aki********

    4.0

    ああ、伊藤大輔!錦之助!

    冒頭の舞の躍動感と終盤の背比べの柱、この振幅の中に、悲劇的な主役である信康の内面がじっくりと描かれている。 岩崎加根子の最良作としても、記憶されるべき。

1 ページ/1 ページ中