レビュー一覧に戻る
反逆児

反逆児

110

jig********

3.0

その反逆は誰に向けたものだったのか

戦国時代で”反逆児”て誰だ?とか思いましたが なんだ「信康」さんでしたか・・て誰?w ま、冗談ですが 徳川家康の長男ですね。 彼を描いた作品があったとはなかなかマニアック。 歴女はついていけるだろうか。 家康の跡を継いだのはもちろん2代目将軍”秀忠”ですが、 家康には今作で描かれている有能だったと言われている 「信康」という息子がおりまして、 ついでに言うと、結城(ゆうき)家に養子に行った”秀康” という息子もいたはず。 「信康」も”秀康”も武勇に優れていたとのことで、 戦下手な”秀忠”(※)が後継者になっちゃったというのは なんとも歴史の面白さを感じます。 話戻って今作の「信康」ですが、 名前の示すとおり信長の”信”の字を貰い 名乗っただけあってその武勇は有名だったようで、 そのあたりの逸話も残されているお方。 今作でも信長が彼の武勇を警戒している様が描かれています。 最終的に「信康」は 信長からの申し出により切腹させられることになるのですが、 それに至る経緯は未だによくわかってなくて諸説あるようです。 母親の築山殿と武田勝頼(信玄の子)が通じていたとか、 信康と妻の徳姫(信長の娘)が不仲だとか(これは本当らしい) 実は家康と信康が不仲だったなどなど。 (”秀康”と家康は不仲だったらしい) 私が聞いた話では 「信康」の技量の高さに恐れを抱いた信長が なんだかんだいちゃもんつけて彼を切腹に追い込んだ みたいなことを聞きました。 早いうちに芽を摘んでおけってことか。 今作もそれに近い描写ですかね。 ちなみに、なんで家康が信長の言いなりになって 息子の切腹を承諾したのかというところですが、 当時は家康は武田からの圧力などを受けていて 信長しか頼る人がいなかったという状況だったので 従うしかなかったとか。 大河ドラマ(だったかな?)などでは泣く泣く 息子の切腹を承諾してた気がします。 介錯人の服部半蔵は主命といえど従えず、 他の者が行ったそうな。 享年21歳。 彼が生きていれば歴史が変ったかも・・と 言われる人物の生涯を知るにはいいかもしれません。  ※徳川秀忠   かの「関が原の戦い」に参加するべく家康の別働隊として   4万近い軍で先発し周囲の敵を倒しながら関が原へ向かうはずが   真田昌幸(信繁(幸村)の父)率いるわずか数千の兵が守る   上田城を攻略できず関が原の戦いに遅れるという大失態を犯す。   この失態に怒った家康は、しばらく彼と会わなかったんだとか。   家康は以前も昌幸を攻略できなかった苦い経験があり、   「大阪の陣」の際に大阪城に真田入城と聞いた際には   恐れおののいたとか。   入城したのは父か?息子の方か?と尋ね、   息子の方と言われても昌幸の謀略じゃないかと疑ったとか。   (この時息子はまだ無名だったので恐れられていなかった)

閲覧数674