ここから本文です

家庭の事情 (1962)

監督
吉村公三郎
  • みたいムービー 4
  • みたログ 20

3.56 / 評価:9件

相変わらず音楽や効果音がひどい。

  • ika******** さん
  • 2018年3月20日 10時47分
  • 閲覧数 214
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 昔の映画って、ホントに音楽だの効果音の選定がひどい。この映画もそう。なんでここでこの効果音? と気になる箇所がある。
 源氏鶏太の原作をうまく刈り込んで映画化しており、それなりに当時の俳優の達者な面もあり、楽しい映画には仕上がっております。が、誰が主人公なのか、今一つはっきりせず、ちょっともやもやが。原作がそうだからしょうが無いけどね。
 50年前以上の作品なので、考古学ならぬ考現学的な見方も出来る。諸物価や金銭感覚や男女関係(処女性)、結婚に対する考え方や。そういう面でも面白い作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ