レビュー一覧に戻る
座頭市物語

kic********

4.0

カッコいい!

ご存知、勝新さんの代表作「座頭市」。 そのシリーズ第1作めの「座頭市物語」です。 1962年のモノクロ映画ですが、これも、今観ても、実に面白い映画でした。 今まで、勝さんの「座頭市」って、もちろん、その名を聞いたことはあっても、映画を観たことは全くなくて、ほとんど興味もなかったのですが、今回、初めて観てみて、その面白さを知ったといったところです。 なので、ほとんど予備知識もなく映画を観たのですが、オープニングからタイトル曲を聴いて、あの独特な印象を持つ曲調で、すぐに、あの伊福部氏の作曲であると察して、ゴジラ映画好きの私のテンションも一気に上がってしまいまして。 時代劇っていうのも、昔から好きな方で、特に、滅法強いヒーローってのは、好きなので、観てて、いかにもカッコ良い市が実に良かった! でも、きっと、私が若い頃だったら、このカッコ良さは、もしかしたら、分からなかったかも知れません。 今の私だからこそ、この映画が良かった気が致します。

閲覧数796